クズはむちゃんと秘密の部屋

クズはむちゃんことハム公の日記とかメモとかです。

猫の為に経口補水液を作る

冬場にいつ死んでもおかしくないと言われていたうちの猫が

春先も元気にのんびり生きていて嬉しいなぁと思っていたら、

最近猫の砂を食べ始めててちょっとこれはおかしいぞと思い獣医さんへ。

(成猫で猫砂を食べるというのは調べてもヒントの様なものひっかからなかった)

 

脱水状態だという事がわかり検査と点滴をうって帰ってきた。

あとの不安は結果次第。

 

先生に経口補水液が自作できるのでそれを与えてみてくださいと

教えてもらい家に帰ってすぐ取り掛かる。

猫の場合かつおぶしや鳥のゆで汁がいいですよとというアドバイスの元

今日は家にかつおぶしがあったのでかつおぶしで作ってみる。

 

かつおぶし風味の経口補水液は甘かった。

 

かつおぶしで作らなくても砂糖を水1Lに対して40g

入れるのだからそりゃ甘いよねと思う。

もっと変な味になるのかと思ったけど全然そんな事はなかった。

 

猫の前に少量出してみたら飲んでくれたのでオッケー!

とほっとする。

 

当分猫の為に晩御飯はゆでた鳥のおかずにしよう。

 

===============

(追記)

この記事のアクセスが多いので

猫の為に作った経口補水液の作り方を書いておきます。

(※人間用の経口補水液と作り方はまったく同じです!)

  • 水1リットル(私はお湯で作ってました)
  • 砂糖40g
  • 塩3g

これを毎日猫の為に作って冷蔵庫で保管し、

こまめに猫の水入れに入れた経口補水液を入れ替えてあげてました。

 

また、私の猫のかかりつけの先生からは

「鶏肉を似た煮汁」や「かつおぶしを煮た汁」も脱水になるよりは

飲ませた方がいいと言われていたのでこちらも時々あげていました。

 

経口補水液は人間も飲めるので夏は毎日作っておくと便利です。

餌を毎日計ってあげている為、経口補水液の材料の計測も

手間ではありませんでした。

猫は残念ながらその後老衰で亡くなりましたが

毎日作った経口補水液は飲んで少し脱水状態は回復したり、

毎日缶詰を食べて亡くなったので(食欲がない為少しでも

食べたがるものをあげる必要があった)

幸せだったかな?と思います。